おいどんブログ

和歌・短歌を紹介します!

世の人は われをなにとも ゆはばいへ わがなすことは われのみぞしる

f:id:oidon5:20210502094621p:plain

短歌原文

世の人は われをなにとも ゆはばいへ わがなすことは われのみぞしる

坂本龍馬 『詠草二 和歌』

現代語訳

世の中の人は俺のことをどうとでも言いたけりゃ言え。俺のやることは俺にしかわからんだ。

坂本龍馬の一生

歴史上の人物で有名な坂本龍馬明治維新の功労者で若くして暗殺されたということは皆さんご存じかと思いますが、あらためてその人生を振りかえってみましょう!

 

天保6年(1835年)

土佐藩(現在の高知県)郷士の家に生まれる。

郷士→土佐の武士は上士と郷士に分けられてして明確な身分の差がありました。関ヶ原の合戦で勝利した徳川方の占領軍としてやってきた山内家の家臣達が上士。敗者側の長曽我部家の家臣達が郷士となりした。坂本家は藩内随一のお金持ちの商家で、その財力をもって郷士になったと言われております。 
■弘化3年(1846年)12歳
楠山塾で学ぶが退塾。できが悪すぎて退塾させられる。
■弘化5年/嘉永元年(1848年)14歳

日根野弁治の道場へ入門し小栗流和兵法を学ぶ。剣には才能があり、門内で頭角をあらわす。
嘉永6年(1853年)19歳
剣術修行のため江戸に出て、千葉定吉道場に入門。年齢的にも現代でいう大学入学のための上京。その後、24歳で北辰一刀流長刀兵法目録を伝授される。同年、黒船来航。
文久元年(1861年)27歳
土佐勤王党に加盟。
文久2年(1862年)28歳
長州で久坂玄瑞と会う、2か月後に土佐藩脱藩。当時は死罪にもなり得る重罪。
暗殺を試みて勝海舟に面会するが、そのまま弟子となる。
文久3年(1863年)29歳
勝海舟が幕府に依頼し創設した海軍塾の塾頭をつとめる。
■元治2年/慶応元年(1865年)31歳
薩摩藩の援助により、長崎で亀山社中(←日本初の株式会社と称される)を創設。

■慶応2年(1866年)32歳
龍馬の斡旋により、京都で桂と西郷、小松らが会談し、薩長同盟が結ばれる。
伏見寺田屋で幕吏に襲撃され負傷(寺田屋事件)。

負傷治療のために妻のお龍と共に鹿児島を旅行する。(←日本初の新婚旅行と言われる)
■慶応3年(1867年)33歳
亀山社中土佐藩外郭組織とし海援隊と改称。
後藤象二郎とともに船中八策(←幕府が天皇に政権を委譲した大政奉還」の基となったと言われる)を策定。
京都の近江屋で中岡慎太郎と共に刺客に襲撃され暗殺される近江屋事件)。
大政奉還王政復古の大号令

 

wikipedia 坂本龍馬より抜粋

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E6%9C%AC%E9%BE%8D%E9%A6%AC

 

 坂本龍馬の人生を振り返ると、実は28歳の脱藩から33歳に暗殺されるまでの

約5年間が後世でも有名な龍馬像なのです。薩長同盟亀山社中海援隊船中八策・・・すべてこの間です。短い間にたくさんの活躍し大政奉還を見ることなく、この世を去ってしまったのは、明治維新の為に神に遣わされたかのようです。人生とは長さではなく、何を為したかだと言われますが、龍馬の人生はまさにこれです。また、この活躍の為に、それまでの27年間があったと考えると、人はいつ活躍の舞台に引っ張りあげられるか分からないので、日々一生懸命生きなければいけませんね。とはいえ、弟のように龍馬にくっついていた陸奥宗光が後に外務大臣として活躍したことを考えると、龍馬ももし生きていれば・・・と想像してしまいます。

 さて、次にこの短歌と絡めて龍馬の人生をもう少し見てみましょう!

 

わがなすことはわれのみぞ知る!

  今回の短歌は正確にいつ、どういう状況で詠まれたか実は分かっていません。ただ、龍馬からお姉さんの乙女さん宛のもので、「湊川」「明石」などの地名が一緒に見られる為、神戸海軍塾の頃(文久三年 29歳頃)に詠まれたものと思われます。

 当時の龍馬は、土佐藩を脱藩しどのようになるかも分からない中、勝海舟と出会い、そして神戸海軍塾に参加することとなり、気持ちも非常に高揚していた頃ではないかと推察されます。先ほども書きましたが、脱藩するまでの龍馬は目立った志士としての活動をしていません。「自分は何をすべきか」しっくりくるものを掴めていなかったのではないでしょうか。それから土佐勤王等に参加し、長州で久坂玄瑞と出会い、ここで何かに火がつき脱藩。とはいえ、行く当てもなく、お世話になった江戸の千葉定吉道場に身を寄せ、ひょんなことから「勝海舟という外国かぶれを斬ろう」ということになるが、逆に勝の話に関心し弟子になり、遂に海軍塾に参加、塾頭となる。どうでしょう。あらためて振り返ってみると、龍馬が「自分は何をすべきか」をこの時に掴んだような気がしませんか。土佐藩にいることでは掴めない「何か」の為に脱藩した龍馬は、この海軍塾で「何か」の答えを見出したのではないでしょうか。これ以降、龍馬は船と関わって生きていきます。

 あらためて短歌を見てみましょう。

世の人はわれをなにともゆはばいへ

 脱藩したことにより、龍馬の周辺ではその生き方に対して批判的であったはずです。「家族に迷惑がかかる脱藩なんて」「役も持たない脱藩者が江戸で何ができると言うんだ」と。全く気にしていないとはいえ、耳に入ると嫌な言葉だったのでしょう。しかし、今はそれらの言葉を受け止め、真正面から堂々と言ってやる!「われをなにともゆはばいへ!」と。

わがなすことはわれのみぞしる

 世間のみなさんにはそりゃ分からないでしょう。なぜなら、自分がすることは自分だけが知っているから。と自分の行動・考えへの自信が溢れ出ております。これが龍馬の魅力ですね。他の志士と龍馬の少し違う部分は、藩を利用できなかったことです。桂小五郎高杉晋作久坂玄瑞らの長州も西郷隆盛大久保利通らの薩摩も藩として積極的に動いておりました。一方龍馬の土佐藩は、関ケ原以降に家康に土佐を与えられた山内家が藩主の為、藩としては佐幕派(幕府中心で政治を動かすべき)。その中で、藩を捨て身一つで活動した龍馬は、他の志士と少し違う境遇でした。それも藩を捨てているので、藩から追われる立場です。その中で信ずべきものは己自身の考えと行動だけだったのです。(もちろん、他にも脱藩した志士は当時たくさんいました。また龍馬は後に土佐藩と連携することも出てきます。)

 龍馬の有名な逸話に、ある旧友と会った時に「これからは長い刀でなく短刀の時代だ」と言い、次に会う時には「刀でなく拳銃だ」と言い、次に会った時には「拳銃でなくて万国公法(国際法)だよ」と言ったというものがあります。この逸話自体は作り話のようですが、龍馬の魅力を分かりやすくあらわしております。要は龍馬という人物は、自分の頭で考え自分が信ずるものにベットして行動できる人間だった。ということです。

 なぜ龍馬が人々を魅了するのか。それは・世間の意見に流されず自分の考えで行動したこと・藩というバックグランドがない中で活躍したこと。などが挙げられると思います。そのスタートが脱藩であり、海軍塾でした。私は脱藩までの龍馬がどこかモヤモヤを抱えていたのではないかな。と想像してしまいます。龍馬の中には一貫して「われのみぞしる」考えがあったと思います。しかし、それは抽象的なものであり、具体的に何をすればよいか分からない。だからこそモヤモヤしていたのではないかと。そのモヤモヤの中でも「われのみぞしる」を信じ続けた小さな行動と判断の積み重ねが、脱藩であったり、勝海舟と出会いすぐに弟子になるという判断であったりするわけです。そしてそのモヤモヤが晴れた喜びと自信の爆発がこの歌ではないかと考えております。

 みなさんも、自分の中の「われのみぞしる」ことを大切にして、日々の小さな判断と行動を積み重ねましょう!それが5年後、10年後、20年度、突然結実する日は必ずきます。その時、龍馬のこの歌をあらためて詠みましょう。「世の人は われをなにとも ゆはばいへ わがなすことは われのみぞしる」

 

心に短歌を!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

何事も かはりはてたる 世の中を 知らでや雪の 白く降るらむ

f:id:oidon5:20210213160511p:plain

短歌原文

何事も かはりはてたる 世の中を 知らでや雪の 白く降るらむ

なにごとも かはりはてたる よのなかを しらでやゆきの しろくふるらむ

太閤記佐々成政

 

や:疑問の意味

らむ:推量の助動詞 

や+らむ:

現代語訳

全部変わってしまった世の中を知らないのだろうか・・・雪は(去年と変わらずに)白く降っているなあ。

 

時代背景「小牧・長久手の戦い

 時は天正十二年(1584)3月。本能寺の変による織田信長の亡き後、羽柴(豊臣)秀吉が勢力拡大を続けていました。その勢いに待ったをかけたのが、信長の盟友であった徳川家康でした。織田信長の次男である信勝と秀吉の対立が深まる中、信勝は家康と組み、羽柴秀吉VS織田信勝徳川家康 連合軍の戦い小牧・長久手の戦い)が起こりました。「織田家を奪った秀吉を討伐せよ!」という大義名分のもと、北陸の佐々成正←今回の歌を詠んだ人物、四国の長曾我部元親、関東の北条氏政紀州(今の和歌山)の根来衆雑賀衆らも各地で反秀吉包囲網に加わりました。

 しかし、多くの武将は秀吉側につき、結果、小牧・長久手の戦いでの兵数を比較すると、信勝・家康連合軍 1万5千~3万。一方の秀吉軍が7万~10万だったと言われております。(諸説あり。包囲網の兵数は含まず。)

 この小牧・長久手の戦いで先に動きを見せたのは秀吉側でした。池田恒興森長可といった信長譜代の家臣が別動隊となり、空白地となっていた家康の本拠地三河を襲って挟み撃ちにしようとしました。しかし、家康はその動きを察知し、別動隊に猛攻を加え、恒興、長可両名とも討ち取ってしまいます。これにより、両軍は膠着状態となりました。

 「さすがに信長の盟友として数々の戦に参戦してきた家康は手ごわい。それならば政治で勝つぞ」ということで、秀吉は織田信勝を狙い打ちし、なんと秀吉と信勝の間で和睦を成立させてしまいます。これで「織田家を奪った秀吉を討伐せよ」という反秀吉側の大義名分は失われてしまいました。家康をはじめとする反秀吉側は「え~~~っ」ということに。家康もこりゃだめだと、秀吉と和睦を結ぶことになり、約9カ月間の小牧・長久手の戦いは終わりました。

 しかし!この状況に納得がいっていない人物がいました・・・。そう!それが佐々成政です。それでは、この歌が生まれるまでに更に迫っていきましょう。

 

「真冬に北アルプスを越えた武将」佐々成政

 佐々成政は、信勝、家康の相次ぐ秀吉との和睦に孤立してしまいました。当時の佐々成政の状況を下の図をご覧ください。

 

f:id:oidon5:20210213151137p:plain

《画像引用元》「ちろわんこの雑記帳」ブログ

http://chirowanko.blog.fc2.com/blog-entry-1560.html?sp

 西には前田利家、東には上杉景勝。と挟まれ、にっちもさっちもいかない状況。しかし、成政は秀吉に下ることをしません。なんと「再起を促すために、家康を説得しにいく!」と家康勢力下の信濃(長野県)を通って家康のいる浜松城静岡県)を目指しました。季節は真冬の旧暦12月(現在の1月上旬)。さらに下の図の白囲み部分は標高2000m級の山々が連なる北アルプス!このハードすぎる行程を踏破すべく、冬の山に詳しい者を先導に、数十人の配下の者達を引き連れて自ら浜松城を目指すのでした。

f:id:oidon5:20210213153346p:plain

google mapより

途中で凍傷になる者、滑落する者などを出しながらも「矢玉繁き所に立つよりは遥かに易き道なるぞ(矢や鉄砲の玉が飛び交う所に立つよりは、ずっと簡単な道だ!)」と成政は同行の者達を励ましながら進みました。

 そしてとうとう、このハードすぎる行程を踏破!約30日かけてようやく家康に会うことができ、再起を促すも・・・断られてしまいます・・・。家康としても色々と検討した結果に出した和睦だったため、成政には悪いが飲める話ではなかったのです。肩を落として富山城に帰ってきた佐々成政は、ぽつりと今回の歌を詠んだのでした。

 この冬の山越えは「さらさ越え」と呼ばれる有名な佐々成政の逸話です。それにしても、現代のように防寒具もない中、冬の北アルプスを越えるとは、本当に凄いことです。江戸時代にも「本当に冬にこの難所を越えることはできるのか?」と何度か調査がなされたようです。そして成政の歩んだルートなどには諸説あるようです。(家康の所に来たことは資料にちゃんと残っているようですが)

 「さらさ越え」をしたにも関わらず家康に再起を断られた成政は、最後まで秀吉に抵抗するも、富山城を10万の兵に囲まれ、遂に秀吉に下ることになりました。意外にも命は助けられ、以降はお伽衆(お話相手)として秀吉の近くに仕える日々を過ごしていました。それからチャンスが巡ってきて、秀吉の九州攻めで功績を残し、肥後(現在の熊本県)を与えられることになります。一国の城主に返り咲いた成政でしたが、国内で一揆が発生し、うまくおさめることができませんでした。それにより秀吉の怒りを買い、最期は切腹させられてしまいました。

 

人間の世と自然

 この歌は「人間の世のはかなさ」と「自然の悠久さ」を対比しております。人間の世とは「何事もかはりはてたる」諸行無常な世界。少し前まで良かったものも、すぐに奈落の底に落ちてします。一方そんな人間の世など「知らでや」「雪の白く降るらむ」なのです。自然は人間の活動に影響されずに、淡々とその活動を続けていきます。成政にはこの雪がどのように映ったのでしょうか?「おい、こんなに世の中は変わっていくのに、お前はそんなこと知ったこっちゃないってか!?」と恨み節を発したのか。人間の世のはかなさへの諦めに似たうすら笑いを浮かべたのか。いずれにしても、人智を超えて流転する自然のルールの中で、人間のはかなさをより一層感じたことでしょう。人間世界のことであれこれ悩んでいる時に、ふと変わらない自然に気が付くということは、今の我々にもあると思います。悠久の自然の中の自分。と考えると、悩みがちっぽけになるような。

 さて「降るらむ」にも注目してみましょう。この歌が登場する『太閤記』では「ふる(古)事ながら思ひ出られにけり」と歌の後に解説されており、古いこと(昔のこと)を成政は思い出していたということです。14歳頃に信長に仕え、黒母衣衆(親衛隊)筆頭となり、柴田勝家を軍団長とする北陸方面を担当する武将とし、越中を与えられ・・・。成政の信長家臣のとしての輝かしい人生は、本能寺の変より歯車が狂い始め「何事もかはりはてたる」ようになってしまいました。なんせ元同僚の秀吉がいつの間にか信長にとって代わる存在になってしまっていたのです。成政にとって悪夢でしかありません。

 

悩んだ時は自然を感じましょう

 人間の世界とは無常なものです。次々と悩みが湧いてきて、心休まる時がなかなかありません。そのような時は、自然に目を向けてみましょう。あなたがどれだけ悩んでいても、自然は変わらずあなたを包み込み続けます。「明けない夜はない」という言葉もありますが、全員に平等に朝はやってくるのです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

心に短歌を!

 

参考文献『戦国武将の歌』綿抜豊昭 笠間書院

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

f:id:oidon5:20210201210743p:plain

短歌原文

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

 

俵万智 『サラダ記念日』

 

「寒いね」と「あたたかさ」を語る

 一人暮らしをしたことがある人はよくわかると思いますが、「寒いね」と一人部屋でつぶやくも誰も答えぬことのさみしさが一人暮らしのさみしさです。特に秋や冬のように気温が下がってくると、なぜかさみしさも増してきませんか?「ああ「寒いね」と答えてくれる人が欲しい」そのような気持ちになる今回の短歌です。

 

「寒いね」と話しかければ 「寒いね」と答える人の いるあたたかさ

 まず注目したいのは「寒いね」の繰り返しです。投げかけの言葉のキャッチボールがリズムよく、1往復で気持ちがほっこりさせられちゃいます。それには「ね」が効いているからです。「ね」って相手に対して優しさを含んだ問いかけの時に使いませんか?「ね」の往復が、この歌のほっこりを演出しているのです。

例えば・・・

「寒いな」と話しかければ「寒いな」と答える人の いるあたたかさ

→これは男同士の無骨な感じ。これはこれでいい感じもするけど。

「寒いね」と話しかければ「寒いよ」と答える人の いるあたたかさ

→二人目!相手のことをもうそんなに好きじゃないのか!?

「寒いね」と話しかければ「寒いか?」と答える人の いるあたたかさ

→二人の気持ちはもう通じ合っていない。。。

 こうしてみると「寒いね」と話しかけて「寒いね」が返ってきたから、はじめて「あたたかさ」を感じられるのです。絶妙な二人の掛け合いだったんです。

 次に注目してほしいのが「あたたかさ」です。これは平仮名で表現されているんですね。一方「寒いね」は漢字を使っています。漢字で表現すると、冷たい風が吹いているような、気温の寒さが伝わってきます。では「あたたかさ」をなぜ平仮名でわざわざ表現しているのか。「寒いね」とは違う何を表現しようとしているのか。そう!この「あたたかさ」は人の心を表現しているのです。気温の「温かさ」ではもちろんありません。

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいる温かさ

→なんかくどいですね。寒いと温かいをわざとらしく対比しているような。また「温かさ」という表現は、ぽかぽかと体が温かいイメージになりませんか。

「さむいね」と話しかければ「さむいね」と答える人のいるあたたかさ

→「さむいね」自体がすでになんか意味深。あとやっぱりわざとらしく対比しているよう。

「さむいね」と話しかければ「さむいね」と答える人のいる温かさ

→ 「さむいね」は締まりがなく、最後の「温かさ」は逆に余韻がない。なんとなく気持ち悪い。

 と元の歌を知っているからかもしれませんが、どれもイマイチに思えてしまいます。「寒いね」と何気なく口から出た言葉。その言葉に「寒いね」がまた何気に返ってきた。その会話の中に「あたたかさ」を見つけたことが、この短歌の感動ポイントです。「さむいね」になってしまうと既に何かしらの感情(甘えているような)がこもっていて、ふと口から出た感じがしないんですよね。

 

 色々と書きましたが、何度も口ずさみたくなる歌で、とてもいい歌ですね。私達もこのような日常の一コマに「あたたかさ」を感じられるようになりましょう。それが幸せへの近道!

 

心に短歌を!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

この味が いいねと君が言ったから 七月六日は サラダ記念日

f:id:oidon5:20210123172133p:plain

短歌原文

この味が いいねと君が 言ったから 七月六日は サラダ記念日

 

俵万智 『サラダ記念日』

 

俵万智さんの 口語短歌

 「短歌って何か昔の人がやってたやつ?」「渋いなあ」とみなさん思うかもしれませんが、この短歌はいかがでしょうか?どの単語も親しみやすく、意味もすっと入ってくる。普段使う言葉がそのまま短歌になった口語短歌というものです。そして、この口語短歌の第一人者が今回の短歌を詠んだ俵万智(たわら まち)さんです。

 俵万智さん早稲田大学在学中に短歌を作り始め、卒業後は高校教師として働きながら創作活動を続けました。1985年角川短歌賞次賞、1986年角川短歌賞、そして1987年に『サラダ記念日』を発表。歌集がまさかの大ブームとなり、280万部のベストセラーとなりました。(87年度ベストセラーランキング1位!)ちなみに、2015年ベストセラーであるピース又吉さんの芥川賞作品『火花』が年間約240万部発行ということなので、どれくらい社会的インパクトがあったか分かりますね。俵万智さんは現在も短歌を創作しています!個人的には俵万智さんのTwitterの自己紹介「ふだん三十一文字なので、ここはとても広く感じます。」という一文が何か好きです。

 さて、俵万智さんが詠んでいる口語短歌とはそもそも何か説明します。言葉には「文語」と「口語」があります。「口語」とは話言葉。つまり普段私達が会話で使っている言葉です。口語短歌とは普段会話で使っている言葉で創作された短歌。ということです。一方「文語」とは書き言葉で歴史的仮名遣いを使っているもの。現代の日本人には「文語」がピンとこないと思います。それは、明治時代に言文一致運動というものがあり、口語(会話で使っている言葉)と書き言葉を一緒にしていこう!という動きがあったからです。夏目漱石吾輩は猫である』はまさに口語で書かれた当時では革新的な小説だったのです。「口語」「文語」どちらの短歌がいいというわけではなく、口語短歌には親しみさや分かりやすさがありますし、文語短歌には独特の調べ(音のリズム)があり、悠久の日本と繋がるような感覚を得られることができます。短歌は難しいそう。と思われる要因の一つは文語が使われているからかもしれません。ただ、あまり肩ひじ張らずに、まずは31文字に想いを乗せてみましょう。

 

サラダ記念日を味わう

 それでら、今回の短歌について味わってみましょう。まず、俵万智さん視点からみると、彼氏なのか旦那さんなのか、秘かに好意を抱いている相手なのか。その愛する誰かに手料理を作ってあげたことが分かります。そしてその相手がサラダを食べて「この味がいいね」と何気なく褒めてくれた!小躍りするその気持ちから、何気ない一日を「サラダ記念日」にしてしまおう。といじらしく思うのでした。この「記念日にしちゃおう!」という発想はいかにも女性らしいですね。何の変哲もない7月6日に、君が「いいね」と一言をぽつりと言った。すると7月6日はサラダ記念日という特別な日に変わったということですね。このサラダ記念日を自分の心の中だけの記念日にしたのか。「うれしい!今日はサラダ記念日だね」と相手に伝えたのか。この短歌の先の二人の表情や会話を想像してしまいます。

 さて色々想像を膨らませたところで、俵万智さんがこの短歌を創作した経緯について後日、話をしているので見てみましょう!

①サラダではなく鳥の唐揚げだった!?

 なんと、サラダではなく鳥の唐揚げを彼氏に出した時に、いつもと違うカレー味にしたそうです。すると彼氏から「これいいな」と言われたため、嬉しくて短歌にしたそうです。ただ「唐揚げ記念日」は重たい雰囲気になってしまうので、軽いサイドメニューのサラダにしたそうです。

②7月6日

 サラダ記念日となると、野菜がおいしい季節。となると初夏の7月!ということで7月にしたそうです。そして7月と言えば・・・七夕の7月7日と思ったのですが、「何気ない普通の一日の幸せを歌にしたい」という気持ちから、七夕の前日である7月6日としたそうです。また、「しちがつむいか」という音がしっくりきたことも理由のようです。確かにそう言われると他の日付はもう考えられないですね。

制約の中に広がりがある

 短歌は三十一文字の中に自分の想いや感じたことを入れなければいけません。そしてそれが他人に伝わらなければいけないのです。これは結構難しいです。チョイスする言葉、言葉の順番を吟味して「本当にこの三十一文字は自分の想いを伝えているだろうか。他人に伝わるだろうか。調べ(リズム)はすっと心に入ってくるだろうか」と何度も自問自答しながら紡ぎ出された三十一文字が短歌となるのです。

 俵万智さんの短歌はとても平易ですが、三十一文字の中に2人の笑顔や相手への思いやり、その場の情景などの広がりを感じさせてくれます。制約があるからこそ言葉が洗練され、広がりがあるのです。不思議ですね。言葉を尽くさない方が広がりがある。これが短歌の魅力だということを教えてくれる一首でした。

 

心に短歌を!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

 

何事もかはりのみ行く世の中におなじかげにてすめる月かな

f:id:oidon5:20210109143912p:plain

短歌原文

何事も かはりのみ行く 世の中に おなじかげにて すめる月かな

なにごとも かはりのみゆく よのなかに おなじかげにて すめるつきかな

西行山家集』秋歌

 

のみ:「~してばかり」副助詞 強意・強調

かげ:(日・月・灯火などの)「光」

すめる:「澄める」と「住める」をかけている

現代語訳

全てのことがどんどん変わっていく世の中で、月は変わらずに同じように光り輝いているんだよなあ。

 

短歌を味わおう

  今回も前回のブログに続き西行さんの短歌となります。西行さんについてや、他の短歌については過去ブログを是非読んでください。(このブログの最後にリンクを貼っておきます)

 「何事もかはり「のみ」行く世の中に」と「のみ」を入れることで、何事も変わっていくことが避けられないこと。その無常観をあらわしているように思えます。流転の世の中。それは避けがたい世の常であると。ただ、そんな世の中でふと上を見れば、変わることのない「月」が輝いている。まぎれもなく月の光はこの流転の世の中でも変わることのない不変のものである。「ああ、色々変わっていくなあ」「でもあの月は変わらないなあ」この西行さんの心情のようなことをみなさんも一度は感じたことはないでしょうか。あくせく働く中でふと空を見上げた時の自分のちっぽけさというか、自然や真理の雄大さというか。そのようなことを西行さんは感じたのではないかと思います。

変わるもの。変わらないもの

 世の中とは本当に早く移り変わります。「外国人観光客がたくさん来ている!ホテルの建設ラッシュだ!」「2020年オリンピックイヤーまで日本の経済は盛り上がり、オリンピック後からの勢いの衰退がこわいなあ」なんて言っていたのはほんの1年前。それからコロナウィルスというものが中国で流行っているらしいという話から、いつの間にか日本も緊急事態宣言。当たり前のように朝マスクを着用し、一日に何度も消毒液を手に塗って、観光業は閑古鳥でホテルはガラガラ。オリンピックは延期されて、未だにどのような開催になるか見えない状況。直近でもこれだけ世の中は変わってしまいました。もう少し長い時間軸で見れば、スマホがなかった時代、自分はどのように人と待ち合わせをし、検索していたのだろうか、今となっては思い出せない。更に長い時間軸でみれば、剣を腰に差したお侍さんが普通に歩いていた時代が約150年以上前にあったのです。そして西行さんが生きた時代から約900年。多くのことが変わりました。

 一方で、変わらないものもあります。今回の短歌で詠まれている「月の光」などの自然や人の心です。なぜ歴史は面白く、短歌は今まで残っているのか。それは変わらないものを発見することにより、感動がそこにあるからだと思います。今回の短歌をもう一度詠んでみてください。感動ポイントがたくさんあります。

感動ポイント1「言葉が理解できる」

 この短歌を声に出して詠んでみて、意味を問われれば大体の意味はとれると思います。それは約900年前の人の「言葉」が現代の我々の「言葉」と大差がないということなんです。タイムスリップして西行さんと話をしても、我々はポケトークなしで会話ができるということです。当たり前ですが、言葉が理解できるからこそ短歌は今でも変わらずに原文のまま残っており、我々は詠んだ人の心を感じることができるのです。これって凄いことです!

 そして人は言葉によって思考します。今あなたの感じたこと、考えたことは何語ですか?もちろん日本語かと思います。「ああ楽しい」と感じたとします。その「ああ楽しい」という感じは言葉なしではあらわしようがないですね。「ああ」と「楽しい」という言葉がある為に、我々は「ああ楽しい」という心情と出会えるのです。こう考えて、短歌の言葉一つ一つを是非味わって頂けたらと思います。

 

感動ポイント2「心情が理解できる」

 短歌の味わい方。もっというと歴史の楽しみ方にも当てはまると思いますが、それは昔の方々の心情を感じることです。今回の短歌を詠んだ西行さんはどのような状況でどのような気持ちで月を眺めていたのだろうか。情景を思い描きつつ西行さんを自分の心に重ねてみるのです。「何事もかはりのみ行く世の中」で「おなじかげにてすめる月かな」ということを感じたことは、自分の人生で一度はありませんか?それは月ではなく、太陽なのか、変わらない自然の風景なのかもしれません。そのあなたの気持ちと西行さんの気持ちが重なることで、短歌はあなたの心にすっと沁みわたっていくのです。字面だけ詠んでも何も面白くありません。共鳴を楽しむのです。

 そのためには1つのことを信じて欲しいです。それは「他人と自分は共通の心を持っている」ということです。うれしい、悲しい、楽しい、悔しい。これらの心は全員が共通に持っています。それは時代も関係ありません。卑弥呼西行さんも自分も共通の心を持っているのです。だから、西行さんの短歌を詠み、自分が感じたこと。それが西行さんも感じたことと信じ切ってください。「自分はこう思うけど、西行さんはどう思ったかは分からない」と思うと短歌や歴史は自分に近づいてきてくれません。自分と他人は時代や空間を超えて共感できる。この前提に立つと、他人の短歌にも感動が生まれきます。

 

 我々はどうしても変わりゆくものに目がいきがちです。それはそれで大切ですが、たまに移り行く世で変わらないものにも目を向けてみてはいかがでしょうか。この短歌ブログもあなたの人生の変わらないものに目を向ける時間の一助になれば幸いです。

 

心に短歌を!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

過去の西行さんブログはこちら

 

 

oidon5.hatenablog.com

 

 

oidon5.hatenablog.com

 

 

oidon5.hatenablog.com

 

 

oidon5.hatenablog.com

 

 

oidon5.hatenablog.com

 


oidon5.hatenablog.com

 

 
oidon5.hatenablog.com

 

 

さびしさに 堪へたる人の またもあれな 庵ならべむ 冬の山里

f:id:oidon5:20201228122935p:plain

【短歌原文】

さびしさに 堪へたる人の またもあれな 庵ならべむ 冬の山里

さびしさに たへたるひとの またもあれな いほりならべむ ふゆのやまざと

 

また:他に

あれな:いてほしい

 

西行 『新古今和歌集』627 

【現代語訳】

さびしさに堪えている人が他にもいたらいいなあ。そしたらこの冬の山里に家を並べて住みたいなあ。

 

【さすらいの「元武士」歌人 西行

 この短歌を詠んだ西行さんについては、以前のブログに取り上げましたが、あらためて

簡単に説明します。

-----------------------------

元永元年(1118年)~文治6年2月16日

つまり平安時代末期~鎌倉時代初期に生きた歌人であり僧侶。

もともとは、藤原氏の流れを汲む北面の武士で名は「佐藤義清」といいました。しかし、23歳で出家。友人の突然の死や失恋が原因だったと言われております。

その後、鞍馬山(京都)、奥羽(東北)、高野山(和歌山)、讃岐(香川)、伊勢(三重)、河内(大阪)などあらゆるところに草庵を営みながら人生を過ごした。

北面の武士:京都の上皇が住む館の北側を守る武士

-----------------------------

  旅人×歌人×僧侶×元武士 というすごい掛け合わせの人物なんです。あの松尾芭蕉が尊敬してやまなかったのも西行さん。さすらいの歌人の憧れだったんですね。

 

※以前の短歌リンクはこのブログの最後に貼っておきます。

 

【娘を蹴落として出家】

 冒頭に書いているように西行さんは北面の武士という、上皇を守るすごいエリート武士だったのです。それを友人の死?失恋?により捨てて、出家することを選択しました。その際の有名なエピソードがあります。

 出家を決めた西行さんが家に帰ると「お父さんが帰ってきた!」と4歳の娘が駆け寄りました。「ああかわいいなあ。しかし・・・俺は今から出家する。煩悩を引きずっていではだめだ!」そう考えた西行さんは、なんとその娘を縁側から蹴落としたのです!

これがその場面↓

f:id:oidon5:20201228104000p:plain

西行物語絵巻より

 『西行物語絵巻』の詞書きには以下のようなことが書かれている。

「家へ帰ると、とてもかわいい4歳の娘がお父さんを出迎え、帰ってきたのがうれしいと、袖にとりついた。めちゃくちゃ愛おしく思ったが、煩悩の絆を切る!と思い、縁側より下に蹴落とし、娘は泣いていたが、そのまま家の中に入っていった」

 これは相当な覚悟ですね。西行さんの葛藤やいかに・・・。これだけの覚悟で出家し、さすらいの旅人となったさんは、さびしくなかったのか・・・いやさびしかったんですね。それが今回の短歌でよくわかります。

(ちなみに、この娘蹴落としについては、作り話ではないか。など諸説あります)

 

【庵を並べよう!】

 短歌をもう一度詠んでみましょう。「さびしさに堪へたる人のまたあれな」ここで体現止め。「さびしさに堪えている人が私以外にもいたらなあ」としみじみ想っていることが伝わります。自分で選択した出家の身とはいえ「さびしさ」は耐え難いものだったのでしょう。北面の武士として都会のど真ん中に身を置いていたこと。家族との思い出。色々な場面が頭を駆け巡り、西行さんは筆と紙を取り、短歌にしたためた。そう考えると、この短歌から西行さんの寂しさが迫ってきます。

 しかし、どこか暗さがないのは「庵ならべむ冬の山里」の印象でしょうか。自分と同じように寂しさに堪えている人がもしいたら、この冬の山里にお家(庵)を並べよう。という発想にどこかおもしろさがあります。これが「一人泣きける 冬の山里」「寒さ身に沁む 冬の山里」だったら、寂しさのどん底に落とされるような短歌となります。さすが西行さん!ここで「庵ならべむ」という発想が、この短歌から暗さを取り除いてくれている。(と私は思います)。「俺と同じ境遇の人が、横に暮らしてくれないかなあ。それなら色々話をしたりして寂しさも紛れるのになあ」と。

これぞ修行の成果なのか西行さん!ちなみに下記が、西行庵です↓

f:id:oidon5:20201228112542p:plain

西行庵 奈良県観光公式サイトより

 

【寂しくなったら西行さん】

 さすらいの旅をしながら生きた西行さんはそりゃ寂しいですよね。人里離れて住んでいるし、娘を蹴落として家族を捨てちゃっているし。まして雪なんか降ったら誰も遊びに来ないし。しかし、山に籠ってないとはいえ現代の私たちにとっめも寂しさは無縁のものではありません。大学入学で地元を出てきた。仕事で1人で住まなければならない。もしくは、家族と住んでいるが会話が全くない・・・。あらゆる寂しさがあると思います。その時は、皆さまの周りをよく見渡してください。家族や友人、恋人、同じ学校の人、同じ職場の人。たくさんのご縁の中に自分がいることが分かるはずです。それもスマホがあれば、すぐに繋がれる。繋がれるのに会話ができていないことほどもったいないことはありません。何度も言いますが、西行さんは娘を蹴落としちゃっているし、もう戻るところがないのです。この寂しさやいかに!

 コロナで人の距離が離れ、冬の寒さが寂しい気持ちを増幅させるかもしれませんが、

どうか西行さんのこの短歌を思い出して身近な人と繋がってみてください。「さびしさに堪へたる人のまたあれなLINE送らむ冬の山里」

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

心に短歌を!

 

 

oidon5.hatenablog.com

 

 

oidon5.hatenablog.com

 

 

oidon5.hatenablog.com

 

 

oidon5.hatenablog.com

 

 

 

遊ぶべき 時もわすれて 夜昼と 勤めつくせば 楽しかるらん

f:id:oidon5:20201003153248p:plain

短歌原文

遊ぶべき 時もわすれて 夜昼と 勤めつくせば 楽しかるらん

 

あそぶべき ときもわすれて よるひると つとめつくせば たのしかるらん

 

二宮尊徳 『道歌集』

 

現代語訳

遊ぶ時間も忘れて、一日中仕事をすれば楽しいことだろう。

 

代表的日本人1/5の二宮尊徳

 みなさんは二宮尊徳という人物を知っていますか?薪を背負い本を読んでいる、昔はどこの学校にもあった銅像の人物。と言えば、ほとんどの方が知っているのではないでしょうか。二宮金次郎も同人物です。しかし、どういうことをした人物か知っていますか?と聞くと、たちまち答えられなくなるのではないでしょうか。そこで今回の短歌では二宮尊徳を紹介していきます。

 内村鑑三という明治時代の方が本に『代表的日本人』というものがあります。この本は日清戦争が始まった1894年に書かれたものです。日本は、江戸時代から明治になり、急激に西洋のものを取り入れていきました。しかし、その一方で日本的な良いものが失われていっているのではないか。そう感じました内村鑑三は日本人の美徳を5人の人物を通して本の中で伝えまました。さあ、5人は誰でしょう・・・。

f:id:oidon5:20201003133100p:plain

『代表的日本人』岩波文庫 内村鑑三

f:id:oidon5:20201003133312p:plain西郷隆盛f:id:oidon5:20201003133350p:plain上杉鷹山f:id:oidon5:20201003133431p:plain中江藤樹

f:id:oidon5:20201003133505p:plain日蓮

 

そして・・・

 

f:id:oidon5:20201003133535p:plain二宮尊徳


内村鑑三の選んだ5人のうちの1人が二宮尊徳なので。あの校庭に立っている、あどけない二宮金次郎少年はどこにいってしまったのか・・・。髭をたくわえ立派な大人になったことがこの絵からもうかがい知れます。

 

二宮尊徳略歴

二宮尊徳の人生をまずは年表でみてみましょう!

 

1787年 1歳 小田原藩の農家の家に生まれる。

1800年 14歳 父が没する

1802年 16歳 母が没する 伯父の家に引き取られる

農民が勉強などするな!本を読む油がもったいない!など言われながら、自分で菜種(油の原料)を育てたり、捨ててある苗から米を作り、自立していく。

1806年 20歳 生家の家に家を建てる

1811年 25歳 小田原藩家老 服部家の若党となる。尊徳の優秀さが目立ってくる。

1818年 32歳 服部家の財政整理を任される。

1822年 36歳 小田原藩に登用され桜町の復興を命ぜられる

桜町に移り住み、村の復興に取り組む。やる気のない農民たち。不満分子たちの中で、孤軍奮闘。さらに上司がこの農民たちと組んだりして、とてもしんどい日々。

1829年 43歳 突然村からいなくなる。成田山で断食。

1831年 45歳 桜町復興第一期事業終了

見事復興を成し遂げた尊徳の名声は周囲に広がり、他の村の復興なども任せられる。

1842年 56歳 幕府に登用される。

1853年 67歳 日光復興事業を命ぜられる。 ←ペリー来航の年!

1856年 70歳 死去

                      報徳博物館 二宮尊徳略年表より

 

 江戸時代の中~後期に二宮尊徳は生きました。もともと父親の体が弱く、少年の頃から大人に混じって働いていました。(この頃、働きながら勉強をしていた姿が銅像の姿です)また年表にあるように16歳までに両親を亡くし、非常に過酷な少年時代を過ごします。伯父の家で生活を始めるもよそ者の尊徳はさぞつらかったと思います。その現状を打破する為に、尊徳は捨てられた苗を育てるところから畑を少しずつ大きくしていきます。(積小為大という真理を会得する)また同時にお金を他人に貸すことで、徐々にお金を蓄え、20歳には自分の家を建てるまでになり、村一番の地主になっていきます。それから、尊徳は小田原藩家老の服部家で子供の教育などをお手伝いするようになります。この中でも尊徳の優秀さは日に日に周囲が知ることとなり、なんと武士の家の家計を農民である尊徳が任せられ、実際家計を立て直してしまいます。

 尊徳の活躍が藩主の目にとまり、桜町という村の復興を命ぜられます。(武士の資格を与えられる)ただ、もともと一農民が一地方の財政立て直しをするのです。彼は村人のモチベーションアップ施策を考えたり、率先垂範を心掛け、朝一番に村をまわり、夜遅く寝る毎日を過ごします。それでも一向に村人は言うことを聞いてくれませんでした。ちなみに尊徳は身長180㎝と当時ではめちゃくちゃでかく、それも超厳しかったようです。「うまく適当にやっていたのに、うるせえなあ」と村の悪分子たちは思ったことでしょう。さらに悪いことに尊徳には上司がいたのですが、彼は村の悪分子と組み、ことごとく尊徳の邪魔をします。だんだんストレスが溜まってきた尊徳はある日ブチ切れで突然村から姿を消しました。村人たちは尊徳がいないことに気が付き、そして尊徳がいなくなって始めて彼の偉大さに気が付き、呼び戻そうと所在を探し回ります。方々を探し回るとどうやら尊徳は成田山にいるということが分かりました。村人たちは複数人で成田山を訪れ尊徳に謝罪します。一方成田山で尊徳はなんと断食をして自分を見つめなおしていました。「あいつら全然俺の言うことを聞かん!いや待てよそもそも俺の言い方だったりもよくなかったかも」と尊徳自身も更に大きな器の人間に育っていました。

 それから桜町、そのほかの村々の財政立て直しを依頼され、解決していきます。現代でいうところの超スーパー経営コンサルタントです。その名声はどんどん大きくなり、なんと幕府から依頼されて日光の復興などにも従事するようになります。時は幕末。財政が混乱しきった江戸末期の中で、村々の復興を自らの体と頭をフルに使って実践をもって解決していた人物が二宮尊徳なのです。ペリー来航から政治も大きく動き、皆さん、西郷隆盛吉田松陰坂本竜馬などのような志士たちに目がいきがちですが、二宮尊徳のような人物がいたことも是非覚えておきたいですね。

 

現代に残る二宮尊徳

 二宮尊徳はすごい人物である。ということは略歴でお伝えしましたが、実際彼の功績は現代にも色々と残っております。そのいくつかをご紹介します。

「わたしは志摩の尊徳になりたい」と言ったのは真珠のミキモトを一代でつくりあげた御木本幸吉トヨタの創業者である豊田佐吉報徳思想(尊徳の教え)に大きく感化されていたと言われる。尊徳の死後、その思想を継承した「報徳社」という組織が各地に作られました。豊田佐吉の父がこの報徳思想を強く信じていたと言われ、子の佐吉に大きな影響を与えたと言われています。1946年発行の最後の1円札の肖像は二宮尊徳です。日本中にある「信用金庫」の初代は二宮尊徳の弟子がつくりました。報徳学園は尊徳の思想を伝えたいということで設立された学校です。二宮尊徳の思想は大きな影響を日本に与えたんですね。

そして短歌を味わう

 さて尊徳について相当詳しくなったところで本日の短歌に戻りましょう。ちなみに尊徳の短歌は「道歌」と言わております。「道歌」とは道徳的・教訓的な内容の混じる短歌のことです。尊徳が「道歌」をたくさん作ったことも、また尊徳の実践家らしさを感じさせてくれるように思います。今回の短歌(道歌)もとても実践的ですね。遊ぶことも忘れてず~~っと仕事をすることは楽しいだろうよ。と言っているのです。完全に仕事人間の歌ですね。いや、仕事が人生哲学に昇華されている人の歌です。仕事=労働ではないですね。「遊ぶべき時もわすれて夜昼と務めつくす」ことが彼の人生そのものです。

 

この歌は連作されているようでいくつか似た歌があります。

 

勤むべき ことも思はず うたひまひ(歌い舞い)遊びすすめば 不忠なるらむ

遊ぶべき 時も忘れて 苦しみて 勤めすすめば 至忠なるらむ

勤むべき ことを彼これ しりぞけて 遊びすごせば 不孝なるらん

遊ぶべき 時も忘れて 入り出つ 勤めつくせば 至孝なるらん

勤むべき 業も思はず 食ひのみ 遊びすごせば くるしかるらん

遊ぶべき 時もわすれて 夜昼と 勤めつくせば 樂しかるらむ

 

これらの歌から尊徳の人物像が浮かんでくるようです・・・。自分の仕事のことも見直します。つい尊徳に頭を下げている自分が目に浮かぶ短歌でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

心に短歌を!

秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかねぬる

f:id:oidon5:20200926161226p:plain

短歌原文

秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかねぬる

 

あききぬと めにはさやかに みえねども かぜのおとにぞ おどろかねぬる

 

藤原敏行朝臣平安時代前期の貴族) 古今和歌集 巻四

 

来ぬ:来た 「ぬ」は完了の助動詞

さやかに:はっきりと

おどろかれぬる:ハッと気づかされる 

 

現代語訳

秋が来たことがはっきりと目に見てわかることはないけれど、風の音にハッときづかされるよなあ。

 

季節の変わり目を感じる(二十四節気、七十二侯)

肌寒さに思わず布団を被った朝、ふと秋の到来を感じたり。

通学路の街路樹から聞こえる蝉の声に ふと夏の到来を感じたり。

自販機にコーンポタージュが並ぶのを見て ふと冬の到来を感じたり。

お昼時セーターの下で汗ばんでいる時に ふと春の到来を感じたり。

 

 日本には「四季」があり、皆さん、ふと季節の変わり目を感じる瞬間があると思います。「四季」は1年を4つに分けていますが、1年を24個に分けた二十四節気、更に1年を72個に分けた「七十二侯」というものがあります。「七十二侯」の場合365日÷72=約5日ごとに季節を分類しているのです!今日から5日前と今日の季節の違い。皆さん感じとることができますでしょうか。さあ、このブログを読んでいる今はどのような季節か気になってきませんか?こんなサイトがありましたので、是非参考に今の季節をご確認ください。


www.543life.com

 

 今回の短歌は「立秋(りっしゅう)」に詠まれたと伝わっております。立秋とは現代の8月初旬。そう聞くと、少し短歌への印象が変わりませんでしょうか。なにせ8月初旬は夏のど真ん中ではないですか!蝉の声MAX、太陽の光MAX、暑さMAX。確かに「目にはさやかに」秋の到来が見えるはずがないですね。しかし、その夏ど真ん中にふと吹いた風の音から「あっ秋に近づいているかも」と感じたというのです。そんなばかなと思うかもしれませんが、実は私なんとなくこの感じが分かります。たぶん自分が一番好きな季節が夏のため、夏が終わって欲しくないと常に思っているからだと思います。だから、ちょっとした夏パワーが弱まっていることに敏感なんです。これは私の感覚ですが、7月中旬~下旬にかけて夏は完成していきます。ただ、夏が完成した!と思った7月末頃からすぐに秋に向かっているんです。図で表現するとこんな感じ。

f:id:oidon5:20200926161310p:plain

 ただ、そんなことを昔の人は当たり前に知っており、だからこそ季節を24個や72個に分けているのですね。例えば「二十四節気」で季節をみてみると・・・

二十四節気

5月5日~5月19日頃  立夏

6月21日~7月6日頃    夏至

7月7日~7月22日頃     小暑

7月22日~8月7日頃    大暑

8月8日~8月22日頃      立秋

8月23日~9月7日頃      処暑

※参考:当ブログ上記の「暦生活」WEBページより

 

 ちゃんと5月頃から夏に向かっていき、8月7日頃以降秋に向かっていっている。とあらわされているんですね。

 また、季節の変わり目は、五感をフルに活用して感じるものです。今回の短歌でも「目にはさやかに見えねども」と視覚的には何も感じないが「風に音にぞおどろかねぬる」と聴覚的にはっと秋を感じたと表現されています。もちろん聴覚だけでなく、体を通り抜ける風、つまり触覚的にも秋を感じたと思われます。あらためて今の季節を感じたくなってきますね。

 

 昔の方が設定した季節の区分を意識しながら、毎日生活してみると、幸福度がUPすること間違いなしです。そしてできれば自分なりの「七十二侯カレンダー」を作ってみるのもよいかもしれません。例えば「扇風機片付ける」「ユニクロヒートテックが売られている」などなど。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

心に短歌を!

 

 

ひぐらしは 時となけども 恋ふるにし 手弱女(たわやめ)我は 時わかず泣く

f:id:oidon5:20200905145342p:plain

短歌原文

ひぐらしは 時となけども 恋ふるにし 手弱女我は 時わかず泣く

 

ひぐらしは ときとなけども こふるにし たわやめわれは ときわかずなく

 

万葉集』 巻十 一九八二 夏相聞  よみ人しらず

 

ひぐらし:蝉の一種。夏の夕暮れに鳴く。

・恋ふるにし:片恋。片思い。

・手弱女(たはやめ・たをやめ):かよわい女性。「たわむ」という しなやかさ から連想。⇔益荒男(ますらお)

・時わかず:時分かず。つまり「ずっと、いつでも」

 

現代語訳

ひぐらしは決まった時間に鳴くけれど、片想い中の私はいつも泣いているの。

 

夏の夕暮れは「ひぐらし」の声

 まず最初に「ひぐらし」の声を聴いてみましょう。

↓↓↓

youtu.be

【作業用BGM】ひぐらしの鳴き声1時間/Nature sound healing music より

 

 ああ、今日もまた日が暮れる。。。「ひぐらし(日暮らし)」は、その名の通り日が暮れる頃に鳴くと言われています。その鳴き声は「カナカナカナ」と聞こえることからカナカナ蝉とも呼ばれます。日本人にとってこの声はもの悲しい気持ちノスタルジックな気持ちを連想させるものではないでしょうか?とてもおもしろいことに万葉集の時代から「もの悲しさ、ノスタルジック」の象徴として、ひぐらしの声が扱われていることです。こういうところで自分が日本人であることを自覚しますね。私たちの血には「ひぐらしの声」に反応し、どこかもの悲しくなるDNAが組み込まれているようです。文章の冒頭にあるように「ああ・・・〇〇」と「ああ」をつけたくなる。それがひぐらしの声なのです。

 

片思いに涙を流す乙女

 この歌はよみ人知らず(誰が詠んだかは分からない)ものです。そのため、みなさんが思い思いに想像を膨らませながら味わってほしいです。例えば・・・

 少し暑さもやわらぎ、空もオレンジ色に近くなってきた夏の夕暮れ時。女性が一人涙を流している。彼女が考えることは、大好きなあの人のことばかり。でもあの人とは、どうもうまくいっていかない・・・。「もしかしたら、〇〇ちゃんのことが好きなのかも」とか想像してしまうと、一人涙がこぼれてしまう。そんな自分を客観的に見てしまう彼女は「ひぐらしはこうやって決まった時間に鳴くのに・・・。私なんか、片思いで、こんなに勝手に傷ついたりして、ずっと泣いたりしちゃって。。。本当にだめな女。。。」なんて少し自己嫌悪。今日もあの人に会えなかったな。そう思う日々を重ねながら、気がつけば長い夏は終わっていく。

と勝手にシチュエーションを想像してしてみたり、更に想像を膨らませて・・・

 

ビール片手に涙で恋を忘れようとするAさんVer

f:id:oidon5:20200905145421p:plain



夏休み中に好きな人に会えずモヤモヤするBちゃんVer

f:id:oidon5:20200905145439p:plain

と、みなさんも色々と想像しながら、この短歌を味わってください。

 

虫の声と日本人

 よく聞く話ですが、外国の方は虫の声に情緒なんて感じないと言われています。むしろ雑音だ。とかそもそも聞こえない!とか。。そもそも聞こえない!ということは、脳みそが無視をしている。ということです。要は「気にするに値しない音」と脳が認識しているのです。「今日も蝉がよく鳴くなあ」「What?」て感じで、蝉の声に注意がいくこと自体が珍しいことのようなのです。人間の右脳は音楽脳。左脳は言語脳と言われており、外国の方々は虫の声を右脳(音楽脳)で処理をし、日本人は左脳(言語脳)で処理をしているようです。なので、日本人にとって、虫の「音」ではなく、虫の「声」なのですね。それは、虫だけでなく、波や風、動物のなき声なども同じく「声」なのです。

auのCMでおなじみの浦ちゃん(桐谷健太)が歌う「海の声」なんてまさにそうですよね。

空の声が聞きたくて 風の声に耳すま

海の声が知りたくて 君の声を探してる

 

会えない そう思うほどに 

会いたいが 大きくなってゆく

川のつぶやき 山のささやき

君の声のように 感じるんだ

 

目を閉じれば 聞こえてくる

君のコロコロした笑い声

声に出せば 届きそうで 今日も 歌ってる

海の声にのせて

 

(以下省略)  

海の声」歌:浦島太郎(桐谷健太) 

 

  自然を「声」と捉えて、愛する人と重ねている。まさに万葉集」の時代の心は、今でもしっかり引き継がれていますね。自然を味わうことができる日本人であることに少しうれしく思います。さあ、周りの自然の「声」に今日も耳を傾けましょう。

 

心に短歌を!

最後までよんでいただき、ありがとうございます。

 

ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば ただ有明の 月ぞ残れる

f:id:oidon5:20200829175651p:plain

短歌原文

ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば ただ有明の 月ぞ残れる

 

ほととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる

 

後徳大寺左大臣   小倉百人一首

 

有明の月→朝、夜明け時に残る月。

 

短歌の意味

朝、夜明け時に、ほととぎすが鳴いた方を見たら、ただ月だけが残っているなあ。

 

後徳大寺左大臣ってどんな人?

  今回の歌は百人一首でお馴染みの歌です。「あっ聞いたことある!」と思った方も多いはずです。夏の歌として有名ですが、そもそもこの歌を詠んだ人物の名前が気になりませんか?ということで、まずは後徳大寺左大臣さんについてご紹介します。

  平安時代末期~鎌倉初期の公家であり歌人実際は「藤原実定」という名前の方です。昔は役職や住んでいる場所などで呼ばれることが多々ありました。おじいちゃんが「徳大寺左大臣」という呼び名で有名で、実定も左大臣になったため「徳大寺左大臣」と呼ばれたようです。

「徳大寺家」→藤原氏北家閑院流。三条家・西園寺家と家格は同じ。

左大臣」→朝廷の役職でNo2だが、その上の「太政大臣」は名誉職に近い為、実質のNo1の役職。

ということで、めちゃくちゃ位の高い人物です。

 時代が平安時代末期~鎌倉時代初期ということから鎌倉幕府との関係が気になるところですが、そもそも徳大寺家と平家がライバルであったとも言われていたこともあるのか、源頼朝から信頼が高かったようです。それは、藤原実定が亡くなった時の頼朝の状況からも分かります。「幕下殊に溜息し給う。関東由緒あり。日来重んぜらるる所也」『吾妻鏡と頼朝は実定の死を聞いて、深くため息をついたそうです。

 権力の中枢にいながら、歌人としても有名でとても優秀な人物でした。特に歌は、平家との権力争いに敗れ、閑職に甘んじていた時に多く作られたようです。(ちなみに今回の歌は右大臣の時。47歳頃に詠んだ歌です。)

 

夏と言えば、やっぱり「ほととぎす」!

 さて後徳大寺左大臣さんについて知ったところで、歌を味わっていきましょう。

「ほととぎす」は初夏に飛来するため、夏を教えてくれる鳥です。有明の月」は朝の夜明け時に残る月「あっ、空が明るくなってきたのに月がまだある。」ってやつです。平安時代の貴族の間で、初夏、ほととぎすの第一声を聞くために一晩明かして聴くということがあったようです。今でいう元旦のご来光を見るとか、〇〇流星群を見るために夜を徹する。とかそのような感覚でしょうか。四季の移り変わり。それ自体がエンターテイメントなんです。

 後徳大寺左大臣さんは、ほととぎすの第一声を聴こうと夜通し待っていた。そこに・・・↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=JyEYApCY-dM

YouTube「鳴き声ノート(ホトトギス)13ページ」参照)

「あっ、今ほととぎすが鳴いた!」すぐさま、その声が聞こえた方を眺めると、そこにはほととぎすがおらず、ただうっすらと明るい空に月が残っていた。

 

 いや~いいですね~。薄ら明るく、空気の透き通った朝。誰もが寝静まり静寂があたりを包み込む中、空に響き渡るほととぎすの声。視線を上に向けるとそこにはほととぎすの姿はなく、ただ月がうっすらまだ残っている。 「ただ」有明の月「ぞ」残れる とほととぎす待ちで夜通し待ったものの、その姿を捉えられなかった残念!という想いと、またこれはこれで趣ある風景。という両方の気持ちを私は感じます。

 

 四季の移り変わりをエンタメ化することは、人間が幸せに生きる一つのヒントだと思います。YouTubeもテレビもない時代。自分達の身の回りにある自然の小さな変化を楽しんだ先人の方々から、今の我々も学ぶことがたくさんあります。デジタルからのコンテンツもよいですが、たまには、自然に目を向けてみませんか?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

心に短歌を!

 

夏の夜の 夢路はかなき 後の名を 雲井にあげよ やまほととぎす

f:id:oidon5:20200802102018p:plain


短歌原文

夏の夜の 夢路はかなき 後の名を 雲井にあげよ やまほととぎす

なつのよの ゆめじはかなき のちのなを くもゐにあげよ やまほととぎす

               柴田勝家 辞世の句

 

夢路:夢に見ること。夢の中でたどる道。

雲井:雲のあるところ。空。遠く離れたところ。

 

現代語訳

夏の夜の夢のようであった・・・はかなき人生よ。私の名を空高く後世まで運んでくれ 山ほととぎすよ。

 

短歌を味わう!

柴田勝家の自刃まで

 この歌は柴田勝家という戦国武将が詠んだ歌です。柴田勝家と言えば、あの織田信長の配下として筆頭に挙げられる武将ですね。鬼柴田とも呼ばれ、戦に明け暮れた武将でした。秀吉がまだ羽柴秀吉と名乗っていたペーペーの時代「柴田さんのようになりたいので、名前に【柴】を入れてよろしいですか?」とゴマをすったと言われています。

 織田家筆頭としての柴田勝家の人生が大きく変わったのは本能寺の変でした。当時、北陸の上杉家攻略中であった勝家は、本能寺の変の報を聞き、急ぎ京に向かおうとしました。しかし、上杉家の邪魔も入りすぐに動けず。結局、宿敵明智光秀は秀吉が討ち取ることになりました。

 本能寺の変明智光秀を討ち取った秀吉の発言力は大幅に増しました。その勢いをもって秀吉は織田家の後継者を決める会議に臨み、そこで勝家は秀吉に負けてしまいます。映画にもある有名な清州会議ですね。以後、織田家内での勝家派VS秀吉派 の勢力争いが激しくなり、ついに勝家と秀吉は賤ヶ岳の戦いで激突します。結果は・・・秀吉の勝利。秀吉はそのまま敗走する勝家を追い、ついに柴田勝家の居城 北ノ庄城に追い込みます。大軍に囲まれた勝家は200人の部下達と共に立て籠もり、城に火をつけさせました。勝家は妻子を刺し殺し、自ら切腹し、死体を残さず最期を遂げたのでした。享年62歳。今回の歌を人生の最期に残して・・・。

 

お市の歌 と 足利将軍の歌

 今回の勝家の歌は、共に亡くなった妻お市(信長の妹。絶世の美女と言われた)の辞世の句に応じた歌と言われています。そこで、お市の歌を紹介したいと思います。

 

さらぬだに うち寝(ぬ)るほども 夏の夜の 夢路をさそふ 時鳥(ほととぎす)かな

※さらぬだに(然らぬだに):ただでさえも  ※ほど:頃合い

「ただでさえ、そろそろ寝る頃なのに・・・。夏の夜に、私を夢の中(死の世界)に誘うほととぎすの声が聞こえますわ。」

 

 この歌から武士の妻の強さを感じるのは私だけでしょうか。「そろそろいつものように寝る頃なのに」と日常の延長として死を捉えているような印象を感じませんか?「寝る」ように「死」を捉える。よほど日ごろから死を意識して生きていないと、この境地には達することができませんね。そして、この歌に勝家は応じるのですが、実は勝家の歌には、元となる歌があります。勝家はその元となる歌を使い、今回の歌を創作しました。それが、第十三代将軍 足利義輝三好三人衆松永久秀らに囲まれ、将軍でありながら討ち死にした将軍です。この義輝の辞世の句が以下のものとなります。

 

五月雨(さみだれ)は 露か涙か 不如帰(ほととぎす) 我が名をあげよ 雲の上まで

 

「この雨は、はかなき露か私の涙か・・・。ほととぎすよ!私の名前を天高くまで運んでくれ!」

 

剣豪将軍と言われ、最期まで自ら剣をふるったと言われる義輝と、鬼柴田と言われる勝家。その二人の辞世の句はやはり武人らしいですね。

 

・男ならこの世に名を残して死にたい。俺はこうして死んでいくが、名前だけは後世に残ってくれ!

・「雲井にあげよ」「我が名をあげよ」と、まるで配下に号令をかけるような口調。

 

かっこいいですね。これぞ男。いや漢の辞世の句です。

 

なぜほととぎす?

 それにしても、なぜ三人とも「ほととぎす」なのでしょうか?それは、

・夏の鳥であること

死出の田長(たおさ)と言われ、冥土に通う鳥とされていること

の2点から、ほととぎすが辞世の句にあらわれているのです。

 

「ほととぎす」ってよく登場するけれど、実際その鳴き声はイメージできますか?

あの信長・秀吉・家康がほととぎすが鳴くのを待ったり、鳴かせてみようとしたり、殺してしまえという歌があるほど、身近な存在のほととぎす。私は「ホーホケキョ」がほととぎすと思っていましたが、これは「うぐいす」です!そこで、ほととぎすの声を聴いてみましょう!

youtu.be

YouTube「鳴き声ノート」ホトトギスより

 

 確かにこの声。窓を開けながら寝る時に、夏の夜の遠くの空から聞こえてきていた・・・気がします。みなさんもほととぎすの声が聞こえないか、耳をすましてみてください。

 

まとめ

 辞世の句は人生総決算の31文字。辞世の句を詠むという日本の文化は本当に素晴らしいことだと思います。後世の私たちに、人生とはどういうものか。死の直前どういうことを思うのか。を教えてくれるようです。勝家は人生を「夢路はかなく」とあらわしています。そして「後の名を雲井にあげよ」とせめてそのはかない人生に勝家ありということよ残ってくれと詠んだのでした人生とは、夢のようにはかないもの。我々が残せるものはお金や名誉ではなく「何を為したか」ただそれだけ。そういうことを教えてくれるようです。

 また、勝家を滅ぼした秀吉にも死は訪れます。秀吉もまた、人生とは夢のようだったと詠んでいますね。

 

oidon5.hatenablog.com

 

死を意識して生きる。これが人生を充実させるヒントなのかもしれません。

心に短歌を!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

春すぎて 夏きたるらし 白たへの 衣ほしたり 天の香具山

 

f:id:oidon5:20200718145223p:plain

短歌原文

 

春すぎて 夏きたるらし 白たへの 衣ほしたり 天の香具山

 

はるすぎて なつきたるらし しろたへの ころもほしたり あまのかぐやま

 

らし:~のようだ  推定の助動詞

白たへ(白妙):真っ白な布。「衣」に掛かる。

ほしたり:乾したり・干したり

天の香具山:現在の奈良県橿原市にある山。大和三山の1つ。天から降りてきた山と言われている。

 

持統天皇 『万葉集』巻一 28   ※百人一首にも選ばれています。

 

現代語訳

春が過ぎて、夏が来たようです!

ほら、天の香具山にも真っ白な服が干してありますわ。

 

天の香具山 を見てみよう!

 この短歌は飛鳥時代持統天皇(女性の天皇が詠んだ短歌となります。飛鳥時代ということは・・・592年~710年。古墳時代奈良時代の間の年となります。有名な天皇と言えば・・・推古天皇聖徳太子が摂政)、天智天皇大化の改新)、天武天皇、そして今回の短歌を詠んだ持統天皇あたりでしょうか。現在の奈良県 明日香村に日本の都があった時代です。明日香村は奈良県の真ん中あたりに位置し、今ではのどかな風景が観光客に人気のスポットです!

 では、その天の香具山とはどんな山か。みなさんきれいな三角形の山をイメージされているかもしれません。そこで、まずは天の香具山の情景をイメージできるように、写真で紹介します。

f:id:oidon5:20200718113003p:plain

 

ん?ちょっと近すぎるので、もう少しひいてみましょう。

 

 

f:id:oidon5:20200718113348p:plain

 

そう・・・山というよりは「丘」です。これが天の香具山です。標高152.4m

 

参考 https://www.city.kashihara.nara.jp/kankou/own_kankou/kankou/spot/kaguyama.html 

かしはら探訪ナビより

 

 持統天皇は上の写真のような、真っ青な空!深い緑の山!そのような夏の風景を詠んだのでした。この緑と青にめちゃくちゃ映える「白たへの衣」。では次に「白たへの衣」を見ていきましょう!

 

白たへの衣 を想像してみよう!

 一般的にこの短歌は「持統天皇が藤原宮から天の香具山を見た際、香具山に干してある白い衣を御覧になられ、感動して詠んだ歌。」と解釈されています。この「白たへの衣ほしたり」には色々な説があります。

 

・夏の暑い時期に着る「夏服」への衣替えで、村人たちが白い服を干していたんだ。

・神の山に人々が普段着を干すだろうか。これは香具山の神事に関わる人々の服だ。

・そもそも藤原京から干している服なんて見えるのか?山一面に咲く白い花ではないか?

・山にかかる白い雲かもしれないぞ。

 

色々な説がありますね。

藤原宮から香具山はどのように見えるか気になったので、探してみると、

下記のような写真がありました。↓

藤原宮跡から眺める大和三山-01

藤原宮跡から眺める大和三山 http://small-life.com/archives/13/02/1021.php

 

これなら肉眼で香具山は確認できます。

ただ・・・

山が低いので雲はかかるのかなあ。この山に白い花が咲く木はあったのかなあ。そもそも白い衣って相当たくさん、それも高い位置に干さないと見えないよなあ。

など色々と考えてしまいます。

そこで、私の独断で下記のような情景を思い浮かべてみました。

 

香具山の中腹に干されている白い衣を見つけて

「あっ見て!香具山で白い服が干されていますわ。夏服への衣替えの季節ですもんね。

青い空。深緑の山。そしてこの白い衣が干される景色!いよいよ夏がやってきたってわ

くわくしてきましたわ!」

 

 白い服が民衆の服なのか、神事を司る人々の服なのかはどちらかわはわかりません。また、その景色は緑の中にポツンと浮き立って見えたのか。香具山のあちらこちらに干されていたのか。も分かりません。ただ、その色合いのコントラスト白い衣が干されるということで夏を感じたという季節感。心がすっと晴れるような短歌で、とても好きです!(ただ自分が夏が好きというのもあるかもしれません)

 

 

自然は最高の色の組み合わせを見せてくれます。

日々の生活の中で、たくさんの色と出会いたいですね。

そして梅雨明けが待ち遠しく、夏が楽しみです。(本日、梅雨真っただ中)

 

心に短歌を!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

おほかたに さみだるるとや 思ふらむ 君恋ひわたる 今日のながめを

f:id:oidon5:20200705141213p:plain

短歌原文

 

おほかたに さみだるるとや 思ふらむ 君恋ひわたる 今日のながめを

 

おほかたに さみだるるとや おもふらむ きみこひわたる きょうのながめを

 

おほかたに(大方に):大体、一般的に、ふつう

さみだる(五月雨):梅雨の長雨。

らむ:推量 ~だろう

こひわたる(恋ひ渡る):長い間、恋い続ける

ながめ:長雨 (ながめ=眺め=ぼんやりと考える という意味もある)

         敦道親王(あつみちしんのう) 『和泉式部日記』

現代語訳

普通の梅雨の雨だと思っているでしょうけど、あなたのことを想い、流す私の涙なのですよ。今日の長雨は。

 

禁断の恋の歌

 今回の短歌は和泉式部日記』の中に掲載されております。『和泉式部日記』とはその名の通り、和泉式部という平安時代中期の貴族・歌人として有名な女性が書いた日記です。ただ、和泉式部恋多き女性だったようで、Wikipediaによると、藤原道長からは「浮かれ女」と評され、紫式部からは「恋文や和歌はよいが、素行がちょっとね・・・」と評されていたようです。この和泉式部日記』自体、宮(敦道親王)と女(和泉式部)の恋模様が和泉式部視点で書き留められています。恋模様といっても、若き二人の純朴な恋愛話ではなく、複雑な大人の男女の話なんです。

 まず、和泉式部冷泉天皇第三皇子 為尊親王と恋をしていました。しかし、この為尊親王が亡くなり、悲しみの毎日を過ごしていました。(ちなみにこの時、和泉式部には橘道真という夫がいました!)そのような時に、為尊親王の弟である冷泉天皇第四皇子 敦道親王より手紙が届きます。最初は文通から始まり、二人は会うようになり、そして恋仲になっていきました・・・。最終的には、敦道親王和泉式部を家にまねき、正妃は家をでてしまうことになりました。略奪愛ってやつです。。。 

 そして、今回の短歌はずばり宮(敦道親王)と女(和泉式部)とやりとりの中に出てくる短歌で、宮(敦道親王)が女(和泉式部)に送った短歌となります。それでは、恋人気分でそのやりとりの世界に入っていきましょう!

 

文通をのぞいてみよう!

(原文) 

 雨うち降りて、いとつれづれなる日ごろ、女は雲間なきながめに、世の中をいかになりぬるならんとつきせずながめて、「すきごとする人々はあまたあれど、ただ今はともかくも思はぬを、世の人はさまざまに言ふめれど、身のあればこそ」と思ひて過ぐす。

 宮より、「雨のつれづれなるはいかに」とて、

 宮:おほかたに さみだるるとや 思ふらむ 君恋ひわたる 今日のながめを

とあれば折を過ぐし給はぬををかしと思ふ。あはれなる折しも、と思ひて、

 女:しのぶらん ものとも知らで おのがただ 身を知る雨と 思ひけるかな

と書きて、紙の一重を引き返して、

ふれば世の いとど憂さのみ 知らるるに 今日のながめに 水まさらなん

 待ちとる岸や」と聞こえたるを御覧じて、立ち返り、

 宮:なにせんに 身をさへ捨てんと 思ふらん あめの下には 君のみやふる

たれも憂き世をや」とあり。

 

(現代語訳)

 雨が降り続き、とっても暇な毎日を過ごし、女性は雲に覆われた外の眺めに、ああこれからどうなっていくのかしらと好きな人のことを考えていた。「私に言い寄ってくる男はたくさんいるけれど、今はなんとも思わない。世間では私のことを色々言っているようだけれど、『身のあればこそ・・・』(いづ方に行き隠れなん世の中に身のあればこを人もつらけれ→どこかに隠れて暮らしたい。世の中で生きていくと、人が冷たい)って歌のようだわ」と思って過ごしていた。

 そのような時に宮より「この暇な雨の毎日をどう過ごしていますか?」と。続けて

宮「普通の梅雨の雨だと思っているでしょうけど、あなたのことを想い、流す私の涙なのですよ。今日の長雨は。」という歌が届いた。

 なんと抜群のタイミングに手紙をお送りになられること。ちょうど気持ちも沈んでいた時に・・・と思って、

女「私のことをしのんで流した涙なんて知らずに、私の身の程を知るための雨と思っていました。」と歌を書き、紙の1枚を裏返し、

女「降り続く雨のようなこの世間の中で生きていると、辛いことばかりを思い知らされます。今日の長雨で水かさが増して、私を流してほしい    私を救ってくれる彼岸はあるのでしょうか・・・。と書いた。これを宮は御覧になり、返信をくださった。

宮「どうして、大切な身を捨てようと思うのですか。雨はあなただけに降るわけではないのですよ。 誰にとっても辛いことの多い世の中ですよ。 とありました。

 

 どうですか?このやりとり!宮が和泉式部を好きなことがすごく伝わりますが、和泉式部がモテる理由もなんだか分かる気がしませんか?もっと言うと男性の心を掴むのが上手です。「ああ、私なんて」と弱い女性を男性は守ってあげたくなり、はまっていく。そんなことを勝手に想像してしまいました。決してだましたり、繕ったりしてアピールをしているわけではなく、普通にそれができてしまう。つまり天性のモテる女性だったのではないでしょうか(でも女性から嫌われる)!!!もし実際はそういう人物でなかったら、すみません、和泉式部さん。

 

 現代であれば、ちょうどいいタイミングにLINEが来るって感じですかね。ただ、そのやり取りの中に短歌が出てくるのかおしゃれですね。歌を詠んでもらうとは、受け取る側から考えると「こんなに私のことを考えてくれたのか」と思えることではないでしょうか。 五七五七七の中に想いを詰め込むのです。熟考した31文字です。伝わらないはずがないです。

 

 雨の続く毎日に。家にずっとこもっているであろうあの人に。この短歌のやりとりのように、連絡をしてみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

心に短歌を!!!

 

 

この世をば 我が世とぞ 思ふ望月の 欠けたることも なしと思へば

f:id:oidon5:20200614130910g:plain

短歌原文

この世をば 我が世とぞ 思ふ望月の 欠けたることも なしと思へば

 

このよをば  わがよとぞおもふ もちづきの かけたることも なしとおもへば

藤原道真

 

をば:「を」が受ける言葉を強調。この短歌では「この世」を強調。

ぞ:強調の意。

望月:満月

 

現代語訳

この世界は自分のためにあるようなものだなあ。満月のように欠けたところがない。

 

平安時代の「権力の握り方」

 藤原道長と言えば、平安時代に「摂関政治」で栄華を極めた人物!歴史教科書に必ず登場する人物ですね。966年~1028年が道長の生きた時代なので、ちょうど平安時代中期に活躍した人物です。(平安時代は794年~1185年)

 では、どうやって栄華を極めたのか?まずは、平安時代の権力の握り方を簡単に説明します!平安時代は貴族が政治運営をする時代。その中心は「天皇」ですね。ただ天皇になることは、天皇家の血が流れていないと絶対に無理。となるといかに天皇に近づくかが権力を握る為に必要なこととなります。その一番わかりやすい方法は「天皇の親戚になる」こと。もっというと「天皇のお父さんになる」ことです。ではどうやって「天皇のお父さんになる」か。それは自分の娘を天皇の后にし、その二人から子供が産まれると次期天皇(皇太子)のお父さんという立場になれるのです(天皇外戚になるということ)。そして自分自身は摂政(幼帝、女帝に代わって政治を行う)・関白(天皇を補佐して政治を行う)という立場として権力を握る。これが平安時代の権力の握り方です。

道長の成り上がりストーリー

 さて今度は道長の栄華を極めるまでを説明します。道長の父(兼家)は摂政となった人物でした。ただ、道長は五男ということで出世の望み薄だったのですが・・・権力者になる者は運が強い!兄たちは伝染病で相次いで亡くなり、兄の嫡男との権力争いに勝った道長は一気に出世ダービーの先頭に立つのでした。

 ここから道長はぐいぐい攻めます。
①長女彰子を一条天皇(66代)の皇后とする。一条天皇には既に皇后がいたが、二人の皇后(一帝二后)という先例のない方法で自分の娘も后としてしまう。
②次女妍子を三条天皇(67代)の皇后とする。三条天皇道長と確執があったが、道長のごり押しに最後は屈することとなる。
③四女威子を後一条天皇(68代、一条天皇と彰子の間に生まれ子)の皇后とする。

このように三代に渡って自分の娘から皇后を出したことを一家三后といい、これぞ栄華の極みでした。 ※三后・・・太皇太后(先々帝の皇后)、皇太后(先帝の皇后)、皇后

 そしてこの③威子が皇后となる立后の儀の日の祝宴の場で・・・ついに、今回の歌が放たれるのでした!

 

「この世をば・・・」をどんなノリで詠んだのか!?

 1018年(寛仁二年)10月16日。娘の威子が後一条天皇の皇后と正式になった祝宴の日。道長の邸宅には多くの人が集まりました。さあ、ここからは実際この会に出席した藤原実資さんの日記『小右記』を読んでみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●太閤(たいこう)下官(げかん)を招(まね)き呼(よび)て云(い)わく「哥(和歌) 讀(よ)まんと欲(ほっ)す。必(かなら)ず和(わ)す。」

→道真は私(実資)を呼んで言った「ちょっと和歌を詠みたいんだが。ちゃんと返してくれるか?」

●答(こたえ)て云(いわ)く、「なんぞ、和(わ)し奉(たてまつ)らざ らんや」

→私は言った「もちろん、和歌で返しますよ。」

●「誇(ほこ)りたる哥(うた)になむ有(あ)る。但(ただ)し宿講(しゅくこう)にあらず」

→「ちなみに自慢げな歌になる。でも用意していた歌ではないぞ。今思いついたのだぞ。」

●「この世をば 我が世とぞ 思ふ望月の 欠けたることも なしと思へば」

→「この世界は自分のためにあるようなものだなあ。満月のように欠けたところがない。」

●余(よ)申(もう)して云(いわ)く「御歌(ぎょか)優美(ゆうび)なり。 酬(む)くひ答(こた)えるに方(ほう)なし。只 (ただ)滿座(まんざ)、此(こ)の御哥(ぎょか)を誦(じゅ)すべし。

→私は言った「これは優美な歌です!こ、、応える歌がないです!ここにいるみんなでこの和歌を唱和しましょう。」

●元稹(げんしん)の菊(きく)の詩(うた) 白居易(はくきょい)に和(わ)せず。 深(ふか)く賞 歎(しょうたん)して、終 日(しゅうじつ)吟詠(ぎんえい)す。諸 卿 (しょきょう)、余(よ)の言(げん)に響 応(きょうおう)し、度數(すうど)吟詠(ぎんえい)す。

→唐の詩人元稹の菊の詩があまりにも素晴らしく、同じく詩人の白居易は詩で返せず、深く感動し、終日詠んだ。という話があるが同じように、その場にいた人たちも私の言葉に納得し、数回「この世をば・・・」を唱和した。

●太閤(たいこう)和解(わかい)し、殊(こと)に和(わ)を責(せ)めず。夜(よる)深(ふか)まり、月(つき)明(あか)るし。扶醉(すいよ)、各々(おのおの)退 出(たいしゅつ)す。

→道真は私が歌で返さなかったことを特別責めたりしなかった。(ホッ)夜も深まり、月は明るい。酔ってきたので、それぞれ解散していった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 お酒を飲んで、気分もよかったのでしょう。道真はふと今回の歌を詠みました。歌は心で想っていることをストレートに詠むから伝わるのですが、これぞまさにドストレート。想いが私たちの心にまっすぐ刺さります。だからこそ1000年を経てもこの歌は残ったのでした。

 道真としては、まさか自分が宴席で詠んだ即興の歌が1000年先の我々にも詠まれるなんて思いもしなかったかと思います。めちゃくちゃ気分のいい夜だったんだろうな~と想像してしまいます。

 

とはいえ栄枯盛衰がこの世のルール

 道真は自分の権力を息子頼道に譲り、62歳で病により亡くなりました。その頼道は10円玉に描かれている「平等院鳳凰堂」を建立するなど同じく栄華を極めました。ただ、父親ほどの運がなかった。皇后となった娘たちが男子をなかなか生まなかったことや、外国の侵入、国内の戦乱により権力は安定せず、極めつけに疎遠だった後三条天皇が即位。自分の娘を皇后にして男子を産ませて天皇にして権力を持つ。という手法は力を失い、院政(引退した天皇が権力を握る)、そして武士の時代へと移り変わっていくのでした。

 栄華とは長く続かないのがこの世のルールですね。「欠けたること」を少しでも埋めていくのが人生なのかなあ。なんて思ったりします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

心に短歌を!

 

 

おもしろき こともなき世を(に) おもしろく すみなすものは 心なりけり

f:id:oidon5:20200524120739p:plain

短歌原文

おもしろき こともなき世を(に) おもしろく すみなすものは 心なりけり

高杉晋作+野村望東尼(のむら もとに)

 

すみなす(住み成す):自分の思うように住む

なりけり:気づきの意味。「~なこどだなあ」

こともなき世「を」「に」の2つの説があります。 

 

短歌の意味

面白いこともない世の中を面白く過ごすのには心次第なんだよなあ。

 

イケイケの行動家 × 人生を達観した仏教僧

今回の短歌は幕末の英雄 高杉晋作 と幕末の勤王家 野村望東尼の合作となります。

おもしろき こともなき世を おもしろく → 高杉晋作

すみなすものは 心なりけり → 野村望東尼

という形で作られたものです。

巷では高杉晋作の辞世の句としてこの歌は有名です。

死の間近、晋作は人生を回顧しながら「おもしろき こともなき世を おもしろく」と詠んだ。しかしその先が浮かんでこない。すると側にいた望東尼が「すみなすものは こころなりけり」と続けた。それを聞いた晋作は「そうだなあ。面白いなあ。」と言った。こうしてこの短歌は完成した。と。

しかし、どうもこの説には「?」がついているようで、実際は高杉の死の数年前の短歌ではないかともいわれています。

いずれにしても、高杉と望東尼の合作で幕末の人たちの人生観を感じられるいい短歌ですね!

 

 

晋作「世の中ってのは、面白くないものよ。でもそれを面白く過ごすのが大事なのさ。」

望東尼「そう。面白くするのは、あたなの心次第。」

「世の中はただ目の前に存在し、時は滔々と流れていくの。それをどう捉えるか。あなたの心が毎日を面白くもつまらなくもするのよ。」

という掛け合いのようです。

 

 ここで一つ想像をしてしまいます。イケイケの行動家 高杉は一体何を思っていたのだろうか。「おもしろき こともなき世を おもしろく」の後にどのような言葉を続けようと考えていたのだろうか。

おもしろき こともなき世を おもしろく

→生きてきた俺の人生に悔いはない

→生きるのが俺の生き方だ

→そう思いながらやってきたが、未だ達成できていない

→しようと思うことが大切だ

色々と想像できますね!晋作の人生観はこの後に込められるはずだったので、是非聞いてみたいです。あなたならどのような言葉を続けますか?

 


ちなみに、高杉については過去のブログをご参照ください

oidon5.hatenablog.com

 

野村望東尼(のむらもとに) という人物について

 さて、この短歌を見事な哲学でまとめあげた望東尼ですが、この人物についてご紹介いたします。(参考『名歌でたどる日本の心』小柳陽太郎他 草思社

 

 野村東望尼は筑前、黒田藩士の娘として生まれ、和歌を学んでおりました。その後同じ門下生の者と結婚したが、先立たれます。その際に剃髪し「望東禅尼」と称しました。名前の由来は「東にある皇居を偲ぶ」という意味です。つまり彼女も尊王攘夷思想を持った勤王家でした。勤王家として筑前の志士として有名な平野国臣などとも交流を持ちましたが、藩の考え方が幕府寄りに変わった際に、望東尼は処罰され、60歳で島流しにあいます。1年間島で過ごした後、高杉晋作の手配により島から助け出され、下関で過ごします。薩長が連合し、明治が目の前までやってきた際、悲願成就の為に断食潔斎をして祈念し、力尽き、慶応3(1867)年11月6日に62歳で亡くなります。王政復古の大号令は慶応3(1867)年12月9日。新しい時代に歩を進めるために多くの命が尽力しましたが、その最後の1つだったようにも思えます。

 ちなみに高杉は慶応3(1867)年5月17日に亡くなっているので、その半年後に望東尼も亡くなったことになります。

 

 明治維新は多くの有名な志士たちだけでなく、後世に名も知られていない商人、農民など多くの人たちの力でなされました。今回の望東尼も女性、尼でありながら維新の為に尽力した人物の1人です。

 

「おもしろき こともなき世を おもしろく すみなすものは 心なりけり」

あらためてこの短歌を味わいながら、今のこの時代を生きましょう!

 

心に短歌を。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。